公益財団法人 宮城県公害衛生検査センター
ホーム 新着案内 センター沿革 業務案内 用語集 アクセス 関係機関へのリンク
水素イオン濃度(pH)
酸性、アルカリ性を示す指標で、7.0が中性、これより数値が小さくなる程強い酸性を示し、数値が大きくなる程強いアルカリ性を示す。特殊な場合を除き河川の表流水はpH7.0付近にあり、海水はpH8.2付近とややアルカリ性になっているのが普通である。
生物化学的酸素要求量(BOD)
河川の汚染の度合いを示す指標で、水中の有機物等の汚染源となる物質が微生物により無機化されるときに消費される酸素量(mg/l)で表したもの。数値が大きいほど汚染が進んでいることを示す。
化学的酸素要求量(COD)
海域や湖沼の汚濁の度合いを示す指標。有機物等の量を過マンガン酸カリウム等の酸化剤で酸化するときに消費される酸素量(mg/l)で表したもの。数値が大きいほど汚濁が進んでいることを示す。
浮遊物質量(SS)
水に溶けないで水中に浮遊している粒径2mm〜1μmの物質の総称。SSが多くなると水は濁り、光の透過を妨げ、水域の自浄作用を阻害したり魚類の呼吸に悪影響を及ぼす。一般に水域の正常な生物活動を維持するには25mg/l 以下が望ましいとされている。
溶存酸素量(DO)水中に溶けている酸素量のこと。水中に有機物が増えると、微生物がそれを分解するために酸素が消費され溶存酸素量は減少する。溶存酸素量が一定値以下になると魚類等の生息が制約され、さらに減少すると生息できなくなる。また、1.0mg/l 以下になると、底質から硫化水素等が発生することもある。
大腸菌群(数)
乳糖を分解して酸とガスを発生する好気性または通性嫌気性菌の総称。人畜の腸内に生息するが、水中に存在する場合は、人畜の排泄物による汚染の可能性を示すことから、水質汚濁の指標の一つとされている。
ノルマルヘキサン抽出物質
主として排水中に含まれる比較的揮発しにくい炭化水素、炭化水素誘導体、グリース油状物質等を総称していう。鉱油及び動植物油等の油分の量を表す指標として使用される。
全窒素(T-N)
水質の環境基準で全燐と共に、富栄養化の程度を示す指標として採用されている項目。水中での窒素化合物は、アンモニア、硝酸等いろいろな形で存在しているが、これらの窒素化合物の全量を定量したのが全窒素。
全燐(T-P)
水質の環境基準で全窒素と共に、富栄養化の程度を示す指標として採用されている項目。水中の燐化合物は、燐酸塩のほかいろいろな形で存在しているが、これらの燐化合物の全量を定量したのが全燐。
ダイオキシン類
燃焼過程や化学物質の合成過程などで意図せずに生成される化学物質で、一般に、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)とポリ塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシン(PCDD)をまとめてダイオキシン類と呼び、コプラナ−ポリ塩化ビフェニル(コプラナ−PCB)のようなダイオキシン類と同様の毒性を示す物質をダイオキシン類似化合物と呼んでいたが、ダイオキシン類対策特別措置法においては、PCDF及びPCDDにコプラナ−PCBを含めてダイオキシン類と定義された。
レジオネラ属菌
レジオネラ属菌とは自然界の土壌や河川、湖沼などに生息する細菌の名前である。レジオネラ属菌は、アメーバなどの原生動物に寄生し、20〜50℃で増殖し、36℃前後で最も成長する。冷却水や温泉、加湿器、循環式浴槽水などで多く検出される。
シックハウス症候群
化学物質による室内空気汚染等による健康被害。発症にはさまざまな複合要因が考えられている。シックハウス症候群より微量の化学物質に対して過敏に反応する化学物質過敏症も報告されている。
カドミウム(Cd)
「イタイイタイ病」の原因物質といわれている金属。大量のカドミウムが長期間にわたって体内に入ると肺障害(気腫)、胃腸障害、肝臓障害を起こし、血液変化(白血球、赤血球の減少)が起こることもある。また、カドミウムは骨内のカルシウムと置換されるため、骨が弾力性を失ってもろくなる。「イタイイタイ病」の名称は、この時の痛みに由来する。
クロム(Cr)
空気や水に対して安定で、広くメッキに用いられている金属。クロム化合物のうち3価クロムはほとんど毒性がないが、6価クロムは毒性が強く、呼吸器障害、肺がんなどの原因となる。
シアン(CN)
水銀、銀、金などのシアン化合物を赤熱するとできる無色、猛毒の気体で、アーモンドに似た特異な臭気を持つ。体内に入ると呼吸困難となり、人が数秒で死ぬほどの猛毒で、致死量は0.06mgといわれている。メッキ工場などで使用される。
水銀(Hg)
常温では液体の金属で、その化合物は無機水銀と有機水銀に分類される。有機水銀は、体内に取り込まれて主に中枢神経へ作用する点に特徴がある。アルキル水銀(R-Hg)は、視聴覚・言語障害、手足の麻痺などを引き起こす。アルキル水銀であるメチル水銀やエチル水銀は水俣病の原因となった。
テトラクロロエチレン
有機塩素化合物で、エーテル様の芳香がある無色透明の液体で不燃性である。水に不溶でエーテル、エタノールなどの有機溶剤と混和する。ドライクリーニング用の洗浄剤や金属の脱脂洗浄剤等として用いられている。目、鼻、喉を刺激し、皮膚にくり返し接触すると皮膚炎をおこす。蒸気を混入すると、めまい、頭痛、吐き気、貧血、肝臓障害などをおこす。また、発がん性も指摘されている。
トリクロロエチレン
有機塩素化合物で、クロロホルム臭のある無色透明の液体で揮発性を有し、不燃性である。水に不溶でエーテル、エタノールなどの有機溶剤と混和する。金属、機械部品等の脱脂・洗浄剤、一般溶剤等として用いられる。目、鼻、喉を刺激し、皮膚にくり返し接触すると皮膚炎をおこす。蒸気を吸入すると、めまい、頭痛、吐き気、貧血、肝臓障害などをおこす。また、発がん性も指摘されている。

鉛及び鉛化合物は、管、板、蓄電池の電極などとして広く活用されている金属であるが、古くから有害物質としても知られている。体内に吸収されると造血機能を有する骨髄に障害を与え、貧血、血液変化、神経障害、胃腸障害、身体の衰弱を引き起こし、強度の中毒では死に至る。金属鉛は常温で蒸発することはないが、粉じんとして吸収されたり、経口的に摂取されたりするおそれがある。
PCB(ポリ塩化ビフェニル:Poly chlorinated biphenylの略)
不燃性で化学的にも安定であり、熱安定性にも優れた物質で、絶縁油やノーカーボン紙、インクなどに使用されていたが、現在は製造が禁止されている。カネミ油症事件の原因物質。
砒素(As)
金属砒素は半導体材料として、化合物は木材の防腐剤等として使用されている。砒素化合物は毒性が強く、急性毒性としては嘔吐、下痢、脱水症状、腹痛等をおこす。水質汚濁として問題になるのは、経口による臓器への蓄積によっておこる慢性毒性である。過去には食品汚染による中毒事件や砒素農薬による環境汚染が生じたこともある。
参考資料宮城県環境白書、仙台市の環境